たばこの個人輸入が取り沙汰されるようになった背景

たばこの個人輸入が取り沙汰されるようになった背景には、昨年の東日本大震災及び福島第一原発の事故も多少は影響しているようです。
事故直後、様々な農作物への影響が懸念された時、国内で作られるたばこにも、セシウムなどの放射性物質が含まれているかも……という心配が広がったのです。
もちろん、たばこの葉の栽培は全国各地で行われており、被災地に限ったものではありません。
けれども、2007年度の統計では、1位:熊本県、2位:宮崎県、3位:青森県、4位:岩手県、5位:鹿児島県となっており、特に多いのが九州・東北なのです。そのため、一気に不安が広がったと思われます。
反面、格安な上に安全性も高いということで、たばこの個人輸入への関心はますます高まってきたのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。