代行業者が扱っているタバコ

最も気になる税金の問題が安心できれば、海外からの個人輸入のハードルはかなり低くなります。
代行業者が扱っているのは、アメリカ・韓国・フィリピン・中国といった国からの輸入が多いようです。
特に、韓国は価格と品質・味などのバランスがよく、隣国なので日数の問題などからも比較的利用しやすいと言われています。
日本国産を含め、国内販売でもおなじみの銘柄を輸入する方法もあれば、海外ならではといった珍しいたばこを楽しむこともできます。
国内では近いうちに、またたばこが値上がりするという話もあります。
どうしても禁煙できない・する気がないという愛煙家の人たちは、個人輸入を身近なものとして認識し、信頼できる代行業者で試してみるのも選択の一つかもしれません。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。